Lượt xem: 354

2023年1月11日、ハノイ土木大学と株式会社ウィルオブ・コンストラクションとは、建設分野における協力活動を推進するための協力協定を締結しました。この協力協定により、両者は日本語研修、質の高い人材の採用、エンジニアを日本で設計および建設分野に関連する職業に就かせるためのサポートなど、様々な分野で連携していくことになります。


調印式には、Willof Constructionsとから代表取締役の田中 謙とWillof Groupのメンバーが参加しました。ハノイ土木大学からは、准教授で副学長兼所長のグエン・ホアン・ザン博士、国際協力部長のグエン・ティエン・ズン博士、国際協力部副部長のNghiem Ha Tan修士が出席しました。

新年を迎えて、グエン・ホアン・ザン准教授はウィルオブグループに新年の挨拶を述べ、同グループが日本で実施している大規模なプロジェクトや作品に感心したことを伝えました。彼はまた、理論的な訓練と実践的な活動が密接に関連しており、学生が卒業後に適切な仕事に就くことができるように雇用機会を提供していることを感謝しました。彼は、ハノイ土木大学を卒業した学生は専門的スキルと実務能力が高く評価されており、多くのエンジニアが日本の労働市場で働くチャンスを得ていることを誇りに思っていることを述べました。彼は、ハノイ土木大学とウィルオブグループとの協力が同大学の教育開発戦略の一部であり、教育と実践応用を統合することが世界的な統合に向けて動くベトナムの大学の一般的な傾向であることを強調しました。彼は、この協力協定が双方の協力と発展のための良いスタートであることを信じており、協定の内容を実現するために最善を尽くすことを約束しました。

代表取締役の田中は、同校から温かい歓迎を受けたことに感謝し、教育の質とエンジニアの能力に敬意を表しました。彼は、同グループで働くために応募する候補者に最良の条件を提供することを保証し、この協力協定が今後の両者の発展にとって重要な一歩となることを期待していることを述べました。

この協力協定により、両者の協力の扉が開かれ、特にベトナム国立大学やベトナム全体からの多くのエンジニアや卒業生が建設分野で日本で働くことが可能になります。

XEM THÊM

ハノイ土木大学で初の BIM to JAPAN プロジェクトを開講式が行われました。

ハノイ土木大学で初の BIM to JAPAN プロジェクトを開講式が行われました。

BIM to JAPANプロジェクトは、日本の建設業界でBIMを活用するための実践的な研修クラスです。

BIM to JAPANプロジェクトは、日本の建設業界でBIMを活用するための実践的な研修クラスです。

Training "施工BIM 研修プログラム"

Training "施工BIM 研修プログラム"